派遣社員で人生謳歌!

洗車までさせられる派遣の本音

派遣は社員に比べ賃金が安いというだけではありません。社員が行わない様な雑用をさせられてしまうことも多いものです。これは企業の中にある社員と派遣の格差から生まれるもので、実は仕事ができるできないとは全く関係のないところで生まれるものです。
日本の企業は従来は終身雇用制で会社は社員を守り育てるという意識が有り、社員は会社の為に自分の時間を犠牲にしてまで働いていた時期が有りました。そのバランスが戦後の日本の高度成長を生み、その後もバブル崩壊まで続いたと言っても過言ではありません。しかし、バブル崩壊後多くの企業が不景気で売り上げが伸びずコスト削減を重視する中で、派遣社員という制度が定着し、安い人件費で品質の高い労働力を得ることを憶えたのです。
しかし、その影響は社員にも及び、成果を上げていない社員は減給や解雇といった厳しい処分が有る中で一部の社員は派遣社員が安い報酬で仕事をこなし過ぎるため自分たちの評価が下がってしまうと逆恨みする傾向が生まれ、派遣社員に洗車などの雑用までさせるということになっているのが実態です。
しかし、派遣社員から社員をみた場合には自分達よりも仕事ができないのにもかかわらず社員であるだけで高い報酬をもらい、派遣をいじめているという印象を持つことは多いものです。本音としては自分達のほうがはるかに仕事はできるし報酬が安いので会社に貢献していると考えている人も少なくありません。実際の会社の中に派遣社員の人数が多く重要な仕事も任せているために、社員よりも権限が強くなっているケースもあり、社員が強いとは一概に言えなくなっている現状も有ります。本来は双方とも協力し合い格差を埋めていくことが重要であり、企業に貢献することが重要です。